読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016春アニメ

殿堂入り(他のアニメとは一線を画す)

アイカツスターズ

不安もあった。直前の殿堂入りアニメ、アイカツの後釜は相当に重い役割を持つ。

だが今のところ期待以上に面白い。

正直、途中期待はずれの回もあったが、キャラの掘り下げも一歩ずつ進んでいるし着実に良回を重ねている。

細かいところで注文はある。(ステージ関連、旧アイカツの劣化回のような話を入れてくる、チラ見せだけして掘り下げが足りないアイドルがいる、など・・・)

しかし長期アニメでありいずれその問題も解消されるとわかっているため気にならない。

A(クール内上位の作品)

三者三葉

和久井優様のステップアップアニメとして注目していた。

ギャグの質キャラのキレともに良し。

和久井優様を応援する者として最高のアニメだった。

12歳。

見ていてのドキドキと最後はいい感じに治まるだろうなと予想できる安心感がある。

それはそうと、高尾がスーパーイケメンなのに対して女性陣が情けなすぎると思うのだが、少女漫画原作というのはそうなりがちなのだろうか?(過度な一般化だったら申し訳ありません。)

B(普通〜良作)

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない

原作が強い。そのためどうあがいてもそこそこ面白いが、マンガでいいじゃんとなるのは避けられない。

マンガで気にならなくてもアニメだと違和感を感じるシーンも多い。

田中くんはいつもけだるげ

キャラ同士の仲が良く、みていて安心できる。

C(見なくていい)

くまみこ

まちたむが可愛いだけのアニメなので見なくて良い。

はいふり

途中いい話があったのは事実だが、そうでない話のほうが多い。

  • 1クール作品にキャラを詰め込み過ぎ
  • 艦長をはじめキャラクターの行動に共感できない
  • キャラ付けの方向性が視聴者の望みと真逆を向いている

など文句をつければキリがない。